いつもご来訪有難う御座います。サイト維持にご協力くだされば幸いです。








style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-4388077746022375"
data-ad-slot="4628480040">




















日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス




どっちがどっちかわからなくなってきたよ





アフガニスタン北部バルフ州のアフガン軍基地が21日、反政府勢力タリバーンに襲撃され、兵士ら100人以上が死傷した。タリバーン側は幹部が殺害されたことに対する報復だと主張している。 アフガン軍によると、襲われたのは同州の主要都市、マザリシャリフの基地。軍の制服を着たタリバーン戦闘員のグループが車で侵入し、銃撃を始めた。続いて基地のゲートのひとつで爆発が起きた。攻撃は約6時間続いたという。 事情に詳しい情報筋が匿名でCNNに語ったところによると、死者は140人に達した可能性がある。 軍報道官は、最終的にタリバーン側の少なくとも5人を殺害し、1人を拘束したと述べた。


引用元:http://www.cnn.co.jp/world/35100193.html?ref=rss